温度上昇


●温度上昇の測定方法:

 ソレノイドの温度上昇を決定するものは、コイルの抵抗損による発熱によるものです。そこで、一般的に銅の抵抗温度係数を利用して温度上昇値を算出(抵抗法)いたします。

記号
  定義
t1
通電前の周囲温度 (℃)
t2
通電後の周囲温度 (℃)
R1
通電前のコイル直流抵抗 (Ω)
R2
通電後のコイル直流抵抗 (Ω)
Δt
通電前と温度上昇後の周囲温度の変化分 (℃)
※周囲温度が上がったときは減算し、下がった時は加算する。
θ
コイル温度上昇分 (℃)